2020年05月18日

「医療費の還付金があります。」というウソをついた詐欺事件が発生(富坂警察署)

【文京区で発生した情報です】
■5月14日(木)、文京区白山に住む高齢者の自宅に、文京区役所の職員を名乗る男からウソの電話があり、
  ・還付金の手続期限が切れています。
  ・昨年10月に書類を郵送していますが、連絡が来ていませんか?
  ・郵送した書類の番号がないと手続できません。
  ・期限が切れているので、直接銀行で還付金を受け取ることができます。
  ・区役所から銀行で手続ができるように連絡しておきます。
  ・明日の9時に銀行から電話させます。
などと言われました。
■その後、5月15日(金)、銀行員を名乗る男からウソの電話があり、
  ・近所のATMでも手続ができます。
  ・ATMに着いたら電話してください。
などと言われ、被害者が、ATMで犯人の言う通りに操作してしまった結果、犯人の口座にお金を振り込んでしまう被害が発生しました。
◎このメールを見た方は、自分の家族(お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん)に、この手口を教えて注意喚起してください。
詐欺被害に遭わないために!
★区役所から「医療費の還付金があります。」と言われたら、一旦電話を切って、区役所や警察に確認して下さい。
★医療費の還付手続は、ATMではできません。
★家にいる時も、留守番電話設定にしましょう。
★ナンバーディスプレイ付き電話を使い、知らない電話番号からの電話には出ないことが効果的です。

【問合せ先】富坂警察署 03-3817-0110 (内線2612)

警視庁HP https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kurashi/index.html
posted by ぴよ at 15:52| ニュース速報